名古屋で評判のインプラント歯科を厳選!

HOME » インプラント治療の基礎知識 » クリニック選びは慎重に!名古屋のインプラント治療の失敗・トラブル

クリニック選びは慎重に!名古屋のインプラント治療の失敗・トラブル

インプラント治療では、骨を削って歯茎に土台を埋め込み、そこに人工歯を固定します。

骨を削って土台を埋め込むという治療の性質上、あとから「やっぱりやめた」とはいかないのがインプラント治療の難しいところです。

後戻りができないからこそ、腕の確かな医師、経験豊富な医師を見つけることが大切になってきます。

医師選びや治療方法選びを間違うと、どんなトラブルが起きるのか失敗例を通して知っておきましょう。

中途半端な施術は危険!インプラント治療の失敗例とトラブル

インプラント治療は、まだまだ歴史が浅く発展途上の治療法なので、成功例だけではなく失敗例も多いです。

固定したはずの人工歯がぐらつく・すぐに抜けてしまった

医師の腕が未熟で、十分な深さまで骨を削れていなければ、インプラントの固定が甘く、歯がずれたり抜けやすくなるでしょう。

骨を削りすぎて骨以外の組織を傷つけてしまった

骨を削りすぎて神経等を傷つけてしまうケースもあります。顔面の神経が傷つき、表情の麻痺などが起きるとリハビリも大変です。

医師の経験や技術不足による手術のミス

医師の経験や技術が不足していると、手術中にミスが起きるリスクも高くなります。インプラント治療の腕は、何回手術をしたことがあるかによって決まるのです。ベテラン医師でも、インプラントをしたことがなければミスを起こす可能性は十分にあります。

滅菌等を怠ったことで感染症になってしまった

手術道具やインプラントに使う器具の滅菌を怠り、傷口から感染症になってしまうケースです。

手術まえにCT等を撮らなかったため適切な治療が受けられなかった

CTを撮らずに、経験だけでおそらくこの治療法がよいだろう、と手術してしまう医師もいます。いざ切開して調べてみたら骨の厚みが足りなかった、しかし別の治療方法を考えていなかったため中途半端な手術になってしまった、ということもあり得る話です。

海外でインプラント治療を受けた場合のトラブル

海外でインプラント治療を受けた場合、国際基準のものではない治療を受けていたり、デメリットのある治療法で手術を受けていたりする場合があります。国内のクリニックならともかく、海外の医師相手に交渉や訴訟をするのはけっして簡単なことではありません。

インプラントは一生モノ!だからこそ歯科選びは慎重に

インプラントの治療を受けるときは、安全性やメンテナンス性を考えて国内のクリニックを頼りましょう。最終的に頼りになるのは、インプラントの症例数と、実際にその医師にインプラント治療をしてもらった人の口コミです。

ネットを活用して情報収集し、信頼できる近くの医師を選びましょう。

 
ページの先頭へ
インプラント歯科ガイド~名古屋編