名古屋で評判のインプラント歯科を厳選!

HOME » インプラント治療の基礎知識 » インプラントの種類

インプラントの種類

このページでは、インプラント治療の種類について解説しています。

名称 解説
スクリュータイプ ねじのような形状になっているタイプです。先端が細くなっているルートタイプと、そのまま太さが変わらないストレートタイプがあります。
シリンダータイプ ストレートな円筒状の形をしていて、ねじは付いていないため、打ち込んで使用します。
バスケットタイプ スクリュータイプとにているねじ状ですが、途中に空洞部分があり、骨と結合しやすくなっています。
ブレードタイプ T字型の板状の形をしていて、骨幅の狭い部分に使われます。

現在のインプラントの主流は2つ

現在のインプラントでは、スクリュータイプとシリンダータイプの2つが主流となっています。
バスケットタイプとブレードタイプは、現在ほとんど使用されていません。

それでは、この2種類のインプラント特徴をご紹介します。

スクリュータイプ

ドリルで骨にねじ切りをして、ねじを回すように埋め込むため、埋め込む箇所の穴が小さくすみます。また、骨としっかりと結合するため長持ちする、安定性のある形です。

シリンダータイプ

ねじを回さないでも埋め込めるので比較的スクリューよりも簡単です。ただしその分埋め込んだ当初は安定していないため、2回法に適しています。表面積が小さいという欠点はありますが、現在では表面を粗くして骨によりくっつきやすくしている種類も多くあります。

インプラント手術の種類

現在、国内に普及して方法と、若干特殊な最新の治療法があります。

通常の治療方法

【1回法】
インプラント手術を1回で終わらせる方法。
骨にインプラントを挿入し、人工歯を装着します。骨が十分にある人向けの治療法です。

【2回法】
インプラント手術を2回で終わらせる方法。
インプラントを埋め込んだ後、歯茎を一度閉じてインプラントと骨がくっつのを待ちます。その後歯茎を切開して人工歯を装着します。1回法より時間はかかるものの、インプラントと骨が頑丈に結合するためリスクが少なくなります。

特殊な治療方法

【抜歯即時インプラント】
事故やケガで歯を折れるなどで抜歯した場合、抜歯した状態をそのままにしておくと骨がやせてしまうため、抜歯したその日にインプラントを挿入する方法です。

【オールオン4】
4本のインプラントを埋め込むことで、口の中の歯全体を人工歯に変えることが出来る方法です。骨量が多い所に埋め込むため骨移植をしなくて済んだり、全ての歯をインプラントに変える必要がないため費用が安く済むこと、手術回数も減り日帰りで行うことが出来るなどメリットが多くあります。

【骨誘導再生術(GBR)】
この術式は、以下の3つの方法に分類されます。

1)骨移植術
インプラントをする場所の骨の厚さが足りない場合、自分の骨をそこに移植する方法です。

2) サイナスリフト(上顎洞底挙上術)
上の奥歯を失うと、上あごの奥にある上顎洞という大きな空洞が拡大します。この空洞が拡大すると失った歯の周りの骨の厚みが少なくなり、インプラントを挿入する厚みが足りなくなります。
サイナスリフトはこの厚みを補うため、骨補填剤を入れたり、骨を移植する方法です。

3)ソケットリフト
サイナスリフトとは違い、こちらは特殊な器具を使って、上顎洞の底を押し上げる比較的簡単な手術方法です。押し上げた部分に骨補填剤を入れて、インプラントを挿入する厚みを確保します。

>>治療技術が高い愛知のインプラント歯科一覧<<

 
ページの先頭へ
インプラント歯科ガイド~名古屋編