名古屋で評判のインプラント歯科を厳選!

HOME » インプラント治療の基礎知識 » 治療の流れ

治療の流れ

このページでは、インプラント治療の全般的な流れを解説しています。

インプラント治療の流れ~カウンセリングからメンテナンスまで

それでは1つひとつ順を追って解説します。

1)カウンセリング

医院へ出向き、インプラント治療を受けたい理由や要望を伝え、医師からの治療説明を受けます。

2)検査・診断

インプラント治療の検査の画像CT撮影による骨量・骨質などを精密検査し、治療に支障になるような病気や異常がないかを調べ、適切な治療法を医師に診断してもらいます。

このCT情報をもとにして3D画像などによりインプラント手術のシュミレーション説明を受けます。

3)インプラント埋め込み手術

インプラント手術の画像治療計画に基づきインプラント手術を始めます。ここでは一般的な2回法で説明します。まず一時手術としてフィクスチャーと呼ばれるインプラントの土台を骨に中に埋め込みます。術後3~6ヶ月の治癒期間を置き、埋め込んだインプラントと骨を結合させます。その後二時手術にて、アバットメントと呼ばれるインプラントの上部部分(ここに人工の歯が装着されます)を連結していきます。
この治癒期間では仮歯を入れておくため、治療中に歯がない!という事はありません。

4)人工の歯を装着

義歯の装着画像口の中の型を取り、インプラントに装着される人工の歯を作成します。
人工の歯が出来たら、手術によって埋め込まれたアバットメントに装着します。

 

5)メンテナンス

インプラントのメンテナンス画像長期にわかって快適にインプラントを使用するために、メンテナンスと定期健診を行います。年数回程(3ヶ月に1回、その後1年に1回など)医院へ出向き、インプラント周辺に歯肉炎がないか、かみ合わせはどうか、歯周病はないか、破損はないかなどを調べてもらいます。また、衛生士による歯のクリーニングも行い、健康な歯を長く維持できるように指導をしてもらいます。

治療期間を短縮できるオールオン4治療

オールオン4治療のイメージ図インプラント治療の中でも注目されているのが「オールオン4」という治療法があります。

オールオン4とは、多くの歯がない人のための治療法で、通常1本の歯を装着するのには1本のインプラントを埋入するのに対し、オールオン4はたった4本のインプラントで多数の人工歯を装着することが出来ます。

従来の総入れ歯を歯茎にくっつける時、歯茎に埋め込んだ4本のインプラントで入れ歯と歯茎をガッチリとつなぐようなイメージをすると分かりやすいかもしれません。

オールオン4の特徴は以下の通り。

  • 手術当日に歯を入れられるので、その日から食事をすることが出来る。
  • 骨が強い部分を狙ってインプラントを埋入するので、骨量が少ない人でも骨移植をしなくて済む。
  • 多数のインプラントを埋入しなくても済むので、その分治療費を抑えることが出来る。
  • 多数のインプラントを埋入しなくても済むので、その分治療にかかる期間も短くて済む。

総入れ歯よりも安定感があり、さらに通常にインプラントよりも治療期間も費用も安く済むと、メリットの多いオールオン4ですが、最新治療法でもあるため、治療できる医院も限られています。

オールオン4も視野に入れてインプラント治療をしたいと思う方は、出来る限り幅広い治療方法を取り入れている医院を選ぶと良いでしょう。

>>オールオン4治療ができるインプラント歯科一覧<<

 
ページの先頭へ
インプラント歯科ガイド~名古屋編