インプラント歯科ガイド~名古屋編 » インプラント治療の基礎知識 » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

このページでは、インプラント治療の全般的な流れを解説しています。

一般的なインプラント治療の流れ

1.カウンセリング

医院へ出向き、インプラント治療を受けたい理由や要望を伝え、医師からの治療説明を受けます。

2.検査・診断

CT撮影による骨量・骨質などを精密検査し、治療に支障になるような病気や異常がないかを調べ、適切な治療法を医師に診断してもらいます。

このCT情報をもとにして3D画像などによりインプラント手術のシュミレーション説明を受けます。

3.インプラント埋め込み手術

治療計画に基づきインプラント手術を始めます。ここでは、一般的な2回法で説明します。

まず一次手術としてフィクスチャーと呼ばれるインプラントの土台を骨の中に埋め込みます。術後3~6ヶ月の治癒期間を置き、埋め込んだインプラントと骨を結合させます。

その後二次手術にて、アバットメントと呼ばれるインプラントの上部部分(ここに人工の歯が装着されます)を連結していきます。

この治癒期間では仮歯を入れておくため、治療中に歯がない!という事はありません。

4.人工の歯を装着

口の中の型を取り、インプラントに装着される人工の歯を作成します。

人工の歯が出来たら、手術によって埋め込まれたアバットメントに装着します。

5.メンテナンス

長期にわたって快適にインプラントを使用するために、メンテナンスと定期健診を行います。

年数回程(3ヶ月に1回、その後1年に1回など)医院へ出向き、インプラント周辺に歯肉炎がないか、かみ合わせはどうか、歯周病はないか、破損はないかなどを調べてもらいます。

また、衛生士による歯のクリーニングも行い、健康な歯を長く維持できるように指導をしてもらいます。

オールオン4の流れ

オールオン4とは、多くの歯がない人のための治療法で、通常1本の歯を装着するのには1本のインプラントを埋入するのに対し、オールオン4はたった4本のインプラントで多数の人工歯を装着することができます。

従来の総入れ歯を歯茎にくっつける時、歯茎に埋め込んだ4本のインプラントで入れ歯と歯茎をガッチリとつなぐようなイメージをすると分かりやすいかもしれません。

オールオン4の特徴は以下の通り。

  • 手術当日に歯を入れられるので、その日から食事をすることができる
  • 骨が強い部分を狙ってインプラントを埋入するので、骨量が少ない人でも骨移植をしなくて済む
  • 多数のインプラントを埋入しなくても済むので、その分治療費を抑えることができる
  • 多数のインプラントを埋入しなくても済むので、その分治療にかかる期間も短くて済む

総入れ歯よりも安定感があり、さらに通常にインプラントよりも治療期間も費用も安く済むと、メリットの多いオールオン4。しかし、治療できる医院も限られています。

オールオン4も視野に入れてインプラント治療をしたいと思う方は、出来る限り幅広い治療方法を取り入れている医院を選ぶと良いでしょう。

名古屋でオールオン4ができる
歯科クリニックを見る

骨をつくる治療法の流れ

サイナスリフト

インプラントは上顎洞の部分に埋め込みますが、そこの骨が足りない場合に、骨造成を施しインプラントを埋め込む手術方法がサイナスリフトです。

歯肉を切開し、頰骨の奥の空洞(上顎洞)に窓を開け、骨補填材を入れるスペースを作り十分な量の骨補填材を入れ縫合して閉じます。

骨が造成するのを3~6ヶ月待ち、十分に厚く造成した骨にインプラントを埋入します。

上顎洞は、上あごにインプラントを埋入するときの制約でもあり、かつては上あごの部分にインプラント治療ができない場合が多いと言われていました。

結果、インプラント治療の恩恵を受けることのできない方も多くいましたが、この方法が確立されインプラント治療ができるようになりました。

ソケットリフト

ソケットリフトは、上あごの奥歯の歯を支える骨が薄く、インプラントの埋入に必要な量の骨が確保できない場合、骨の厚さを増大させると同時にインプラントを埋入する治療法です。

傷口が小さく患者さんの負担が少ないというメリットがあります。

インプラントを挿入する穴から骨を移植し、インプラント自体を支柱のようにして骨を増やす手術ですが、インプラントを埋入できるだけの骨が残っている方にしか行うことができません。

GBR

GBRとは、インプラントをしようと思っても十分な骨量がない場合に増やす方法でGuided Bone Regenerationの略、日本語では骨誘導再生法と呼ばれています。

歯肉を切開し、骨の少ない部分に骨補填材(人工骨)や患者さんから採取した骨を注入し、メンブレンと呼ばれる人工膜を覆い被せることにより、骨の再生を促す治療方法で4~6ヶ月で骨ができあがります。

数年前までは、骨が足りない方はインプラントの手術ができませんでしたが、最近はGBRの進歩により、多くの骨を作ることができるようになり、殆んどの方にインプラント手術が行えるようになりました。

スプリットクレスト

スプリットクレストは、インプラントを埋入に必要な骨の高さはあるが、 幅が足りない(薄い)場合に行う治療法です。

歯肉を切開し、骨頂にノミのような器具で切れ込みを入れた骨をくさび形の特殊な器具で横に押し広げ、骨補填材を補填し、5mm以上の幅(厚み)を確保して縫合します。

自骨と骨補填材がしっかる結合するまで6ヶ月程待ちインプラントを埋込みます。

外科的処置を行う範囲が他の骨造成法よりも少なくてすむことや、インプラントの周囲が自身の骨で囲まれることから安定性のある治療です。

・インプラント治療の費用:インプラント治療費の全国相場は約30万円であり、基本的に保険が適用されません。お口の状態によっても変わってきますので、必ずクリニックと相談をしてください。

・インプラント治療の期間:インプラントの治療期間は、数ヶ月~約半年と言われており、症状や骨の状態によって、治療期間が長引くことも考えられます。

・インプラント治療のリスク:インプラント治療では、痛みや腫れのほか、金属アレルギーなどのリスクが生じる場合があります。治療内容によって症状は異なるため、医師に確認したうえで治療に臨みましょう。